マルタでインターンがしたい!どんなインターン先がある?有給 or 無給?

インターン

海外でのインターンは珍しくなくなってきました。

しかし、「マルタ」でインターンをしている人はまだまだ珍しいですね。

今回は、マルタではどんなインターン(業種・職種)が出来て、

給料はどのくらい発生するのかを調べてみました。

マルタでのインターン事情

マルタの港

マルタの港

マルタは、「リゾート地」として有名なので、仕事はホスピタリティ・接客サービス系の仕事が多いです。

マルタで出来る仕事は?

日本人の、マルタでのインターンを支援しているエージェントを調べてみると、

マルタでできる仕事は、個々人のスキルにもよるところが大きいようです。IT系・エンジニアは必要とされているので、活かして仕事ができるでしょう。

一方でスキルが無いと働けないかというと、決してそうではありません。むしろ、エンジニア等の募集のほうが少ないです。

基本的に、以下のような仕事が出来ます。

業種 ホスピタリティ(ホテル)、金融業務、マーケティング、ジャーナリズム、医療経済、理学療法
職種 機内食サービス、受付、秘書、厨房管理、不動産コンサルタント、ウエーター、ソフトウェア開発、ネットワーク管理、ウェブ開発、美容とホリスティック医療、整備士、板金工、薬剤師、建築アシスタント、ジュニアスタイリスト、食料梱包、チャイルドケア、カスタマーケア、マーケティング、接客、美容師 など

(参考元:ディーサイド留学センター、インターンシップワールド)

意外と様々な仕事がありますね。ただし、スキルが必要なものが多いので注意が必要です。

大体、3年以上の経験があればインターンなら働かせてくれるでしょう。経験やスキルで悩む方は、まずは、エージェントに相談してみることをおすすめします。

インターン前の注意点

最も注意すべきは、「英語力」です。

海外でのインターンは、英語を学びにいくわけではなく、英語「で」学ぶという意識でいかないと、使いものにならない / そもそも面接で受からない可能性が高いです。基本的に、海外インターンの面接はSkypeや電話で行われます。

つまり、音質の悪い環境であってもきちんと会話できる程度の能力はつけていなければいけません。

※ただし、英語レッスンを開いてくれるエージェントもありますが、高額になるので自学してから行くことを絶対におすすめします!

マルタのインターンにかかる費用

money

マルタのインターンは、エージェントを通す形が一般的です。その場合、「サポート料」という料金がかかります。

サポート料は、約10万円が目安です。

しかし、その前に語学学校へ行ったり、そもそも生活費がかかりますから、その費用は滞在する期間によって大きく異なります。

そのため、ざっくりとですが、以下のようになります。

飲食費:4万円/月

滞在費:10万/月(ホームステイの場合)

航空費:20万円

ここに、プラスでサポート料約10万円がかかってくることになります。

有給インターンはある?

残念ながら、ほぼ無いのが現状です。

ただし、

  • スクール・インターン(語学学校でのインターンです)
  • 自分のスキルで活躍できる
  • 英語力はバッチリ!

なんていう場合は、有給でお願いしてみるのもアリだと思います。現地での交渉ももしかしたら出来るかもしれません。もともと無給のインターンだったが、現地で交渉して、お小遣いとしてお金をくれる場合は、海外ではときどきあります。

おわりに

マルタのインターンは、あまり一般的ではないので、不安なこともあるかと思いますが、

日本の留学エージェントは無料相談をやってくれるし、かなり親身に相談にのってくれる場合が多いです。そのため、気軽に相談にいってみることをおすすめします。

トップへ戻る